1/20 (sat) ~ 1/26 (fri)

否定と肯定[上映時間  ① 10:15]

 

16/イギリス・アメリカ/1時間50分]

監督:ミック・ジャクソン 出演:レイチェル・ワイズ、トム・ウィルキンソン、ティモシー・スポール

 

ユダヤ人歴史学者デボラ・E・リップシュタットは、ホロコースト否定論者デイヴィッド・アーヴィングの主張を非難し、名誉毀損で提訴される。実際の裁判をもとに、弁護団との共闘のなかで成長していく主人公の姿を描きながら、真実を求めて緻密な立証を積み立てていく緊迫の法廷劇。フェイクニュースが蔓延る現代、全人類必見の一作。

〜2/2(金)まで

わたしたち

[上映時間  ① 12:15]

 

[15/韓国/1時間34分] 監督:ユン・ガウン

企画:イ・チャンドン 出演:チェ・スイン、ソン・ヘイン

 

仲間外れの少女ソンは、終業式の日に転校生ジアと出会う。夏休み、友情を育む二人だったが、新学期になるとジアは急に冷たくなり…。大人の縮図のような子どもの世界。繊細な心の動きを驚くほど自然に捉え、”わたしたち”の胸に深く響く傑作。

〜1/26(金)まで

汚れたダイヤモンド

[上映時間  ① 14:00

 

16/フランス・ベルギー/1時間55分]

監督:アルチュール・アラリ

出演:ニールス・シュネデール、アウグスト・ディール

 

強盗に明け暮れるピエールは、音信不通だった父の死を知らされる。ダイヤ商家だった生家から疎まれ精神を病み、野垂れ死んだ父の復讐を誓うが。主演のニールス・シュネデールは本作でセザール賞新人男優賞受賞。2016年、フランスで最も傑出した才能の出現と話題を呼んだノワール映画の真骨頂!

〜1/26(金)まで

ロダン カミーユと永遠のアトリエ

[上映時間  ① 16:10]

 

[17/フランス/2時間] 監督・脚本:ジャック・ドワイヨン

出演:ヴァンサン・ランドン、イジア・イジュラン、セヴリーヌ・カネル

 

〈地獄の門〉〈考える人〉〈カレーの市民〉〈バルザック〉…数々の傑作で知られる“近代彫刻の父”ロダン。その没後100年を記念して、名匠ドワイヨンが彼の官能と苦悩に満ちた半生、傑作の創作過程を臨場感たっぷりに描いた、天才の新たな肖像。

1/26(金)まで

ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ

[上映時間  ① 18:20]

 

[15/ベルギー・アイルランド/1時間48分]

監督・脚本:メアリー・マクガキアン

出演:オーラ・ブラディ、ヴァンサン・ペレーズ

 

1920年代、アイリーン・グレイが手がけたモダニズムの記念碑とも言うべき海辺のヴィラ〈E.1027〉。長い間、近代建築の巨匠ル・コルビュジエの作とされてきたこの別荘を巡る、密やかな嫉妬と欲望、二人の天才建築家の愛憎と相克のドラマ。

1/26(金)まで

希望のかなた

[上映時間  ① 20:20]

 

[17/フィンランド/1時間38分]

監督・脚本:アキ・カウリスマキ 出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン、イルッカ・コイブラ

 

ヘルシンキに流れ着いた難民カーリド。彼の願いは生き別れた妹と暮らすこと。だが難民申請は却下され、理不尽な暴力にもさらされる。そんな彼に手をさしのべたのは…。不寛容な時代への怒りを滲ませながら、社会の片隅に生きる人々の小さな優しさを、相変わらずのぶっきらぼうなユーモアと温かな慈愛で描く。音楽も最高だ!

〜1/26(金)まで