5/19 (sat) ~ 5/25 (fri)

ロープ 戦場の生命線

[上映時間  ① 10:15]

 

[15/スペイン/1時間46分] 監督:フェルナンド・レオン・デ・アラノア 出演:ベニチオ・デル・トロ、ティム・ロビンス、オルガ・キュリレンコ

 

 

停戦直後の1995年、バルカン半島のある村で、井戸に死体が投げ込まれる。住民の水を守るため、死体を上げる一本のロープを探して、NGO職員たちが奔走する…。紛争地域の真実を描いて、まさかの面白さ! ナイスな選曲とブラックジョーク、芸達者な豪華キャストのアンサンブルも楽しく、練り上げられた脚本が本当に素晴らしい。必見!

〜 6/1(金)まで

泳ぎすぎた夜

[上映時間  ① 12:15]

 

[17/フランス・日本/1時間19分]

監督:五十嵐耕平&ダミアン・マニヴェル

出演:古川鳳羅、古川蛍姫、古川知里、古川孝

 

青森の山間にある小さな町。夜明け前に仕事へ出た父親に、自分の描いた絵を届けようと、少年は雪の中をさまよい始める…。冒険の興奮と未知の世界への驚きにあふれ、無限に感じられた、あの“こどもの時間”! 日仏の新鋭が共同監督、その豊かな時間を真空パックした、瑞々しい映像詩。

〜5/25(金)まで

シューマンズ バー ブック

[上映時間  ① 13:50]

 

[17/ドイツ/1時間38分]監督:マリーケ・シュレーダー

出演:チャールズ・シューマン、シュテファン・ウェーバー、岸久、上野秀嗣

 

 

世界中のバーでバイブルとなった革新的レシピ本の著者であり、76歳を超えた今も現役でカウンターに立ち続けるレジェンド、チャールズ・シューマン。NY、パリ、ハバナ、東京、ウィーン…彼とともに各地の名店を訪ね、その歴史とグラスに込められた職人魂に触れる、豊穣なる旅の記録。

〜 6/1(金)まで

ジュピターズ・ムーン

[上映時間  ① 15:40]

 

[17/ハンガリー・ドイツ/2時間8分]

監督:コーネル・ムンドルッツォ

出演:メラーブ・ニニッゼ、ギェルギ・ツセルハルミ

 

人生に敗れた医師の前に現れた、重力を操り、浮遊する難民の青年。彼をめぐって繰り広げられる逃亡劇を圧倒的な映像表現で描く。長回しのカメラワーク、浮遊シーンの美しさは圧巻! 今日的な問題に宗教的テーマを内包させて昇華させた、驚愕のSFエンターテインメント。

〜 5/25(金)まで

馬を放つ

[上映時間  ① 18:00]

 

[17/キルギス・フランス・ドイツ・オランダ・日/1時間29分]

監督・脚本・主演:アクタン・アリム・クバト

出演:ヌラリー・トゥルサンコジョフ

 

かつて、馬は人の翼だった──中央アジア、キルギス。村人たちから“ケンタウロス”と呼ばれる男は、土地から失われつつある伝説を信じ、人知れず馬を盗んでは野に放っていた。次第に馬泥棒が問題となり、罠が仕掛けられるが…。壮大な自然、疾駆する馬たちの躍動感! 現代社会が無くしかけているものを神話的な語り口で描く美しき寓話。

〜5/25(金)まで

聖なる鹿殺し

[上映時間  ① 19:45]

 

[17/アイルランド・イギリス/2時間1分]

監督:ヨルゴス・ランティモス 出演:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、バリー・コーガン

 

妻子とともに幸福に暮らす外科医の生活が、ある少年との出会いを機に奇妙な方向へ追いつめられてゆく。子供たちは突然歩けなくなり、目から赤い血を流す…。不穏な空気を煽る音響と演出、その嫌な後味が癖になる、『ロブスター』の鬼才による不条理スリラー。不気味な少年を演じたバリー・コーガン(『ダンケルク』)の圧倒的怪演! 恐い!

〜 5/25(金)まで